長時間勤務の警告もできます(残業管理)

タイムレコーダーを利用する目的は勤怠管理のため

タイムレコーダーを利用する会社は多く在りますが、レコーダーはカードを挿入した時、もしくは社員証をかざした時の時刻を記録するための設備機器で、会社に出社した時と退社する時の2回利用する事になります。 タイムカードの場合は、所定の場所に時刻が記録され、社員証などをカードリーダーにかざした場合は、専用端末やサーバーなどに情報が記録されることになります。 会社にはそれぞれ所定労働時間が定められていると同時に、出社時刻と退社時刻の取り決めが行われています。 タイムレコーダーを利用する事で遅刻や早退の有無を管理者が把握する事が出来るようになる事、時間外労働時間の集計が可能になるため、社員それぞれの残業時間の把握を行う事が出来るようになります。

一ヶ月間の残業時間の把握が出来ます

残業時間は1日の所定労働時間の中でのオーバーワークになるもので、どうしても今日中に片付けなければならない仕事が発生した場合、1日の所定労働時間の中で終わらなかった仕事を残業するためのものであり、管理者は部下や社員の1か月間の残業時間の把握を行う事が義務となります。 過労死などの社会問題が多く在る中で、残業時間は出来る限り減らすことが企業側や管理者の義務になります。 タイムレコーダーを利用する事で通常残業時間の始まりの時刻から退社の時刻までの所要時間を集計する事で1日の残業時間が形状され、残業時間がどれだけになるのかに応じて、警告を行う事も可能になります。 因みに、勤怠管理の中での残業時間は通常残業時間と深夜残業時間に分けて管理を行う事も必要です。